« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

泣く子も笑う、桑田佳祐(笑)

棚からボタ餅。
まさにこんな気分!
同居人Mのお姉さんから
思いもよらぬタイミングで譲り受けた桑田サンのライブチケット。

28日、横浜アリーナ。
仕事後に直行です。
ああ~~~!楽しみ♪

久しぶりの桑田ライブ。
しかも、最近は小さなライブハウスばかりだったので
アリーナのような大きな箱が、
何となく年末気分を盛り上げる感じ。

もともと私はサザン好き。
桑田楽曲、スゴイです、やはり。
彼の作る曲は、今も昔もブレがなく、
ごちゃ混ぜで聞いても、全く古臭くない。
・・・というより、ある意味、化け物です(笑)

中島みゆきにしろ、松任谷由実にしろ、小田和正にしろ、
新曲が常に第一線に上がっている彼らは、化け物。

そこに居続けることさえ厳しい音楽の世界で
出す曲が常に“認められる”ことの凄さ。
それは時代を越え、世代を越え、
一筋の“軸”をブレさせることのない彼らの進化がなせる業。

飽く事なき進化とは、まさにこの事。
ただ、聴く側は結構勝手なもので、
昔の曲のカラーから進化し過ぎると、何となく不満が残ったり、
“なんか、変わったよねぇ~”と言って離れていったりしちゃうので
この“軸”をブレさせない、ということがどれだけ重要なのかと思う。

脳科学者の茂木健一郎が
『どんなに好きな歌手でも、全曲新曲のライブだと人間は精神的苦痛を募らせる』
というニュアンスの事を言っていたけれど、
言い得て妙だと思う。
確かに、
新曲のアルバムを家で聴いているのとは違い、
ライブのような高揚した感情が渦巻く箱の中で、
自分の好きな曲とか、懐かしい曲とかのイントロが流れると
“うおおお~ッ!”となってしまうもんね。
それが体感出来ないライブなんて・・・・
やはりちょっと苦痛かも知れない(^-^;

さて、“化け物”のライブはいかに(笑)

感想は帰宅後にUP予定。
イイ汗、かきますッ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラバ、仕事場プリンタよ・・・

ついに。
二足の草鞋を履く私の実家仕事用のプリンタが逝きました。

危ないな、危ないなぁ・・・
と騙し騙し、PCに強い弟Kの力を借りながら使用していた日々。
しかーーーーし。
ついに、コピー不可能な状況に。

この年の瀬の忙しい時に、こういうことって起きるんですねぇ・・・

とにかく早急に手を打たなければ、
年明け早々の仕事に支障をきたすので
とりあえず睡眠時間を削り
今年中ギリギリ間に合うように配達してくれる店と
使い勝手が良さそうな機種をリサーチ。

私の自宅用のプリンタ(EPSON製)はすこぶる調子が良いので
最近はあまりプリンタリサーチをしていなかったので
ゼロから発進で情報を集める。
ああ、眠い(苦笑)

事務仕事用で使用していたものは、
激安で購入したレックスマーク社のもので、
まぁまぁ、元は取れたと思われます(^-^;
確か1万前後で購入したような・・・(複合機ですよ!安すぎる)

今回はマイナー物にちょっと懲りたので
メジャーラインでCANONかEPSONで、と考えていた所、
見つけましたよ(というか、売れ筋らしい)
今や、メジャーなメーカーの複合機も
こんな値段で購入出来るんですね・・・

EPSON PM-A840 マルチフォトカラリオ インクジェット複合機CEEPSON PM-A840 マルチフォトカラリオ インクジェット複合機

販売元:エプソン
発売日:2007/10/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazonだと、何と“お急ぎ便”という
深夜に頼んでも次の日にはお届け!という、
今の状況の私には非常にありがたいシステムがあり、
悩む暇もなく購入。
ポイントも付くし、まぁ、妥当なお買い物だったと言えるでしょう。
同じくらいのCANONモノは実家の自宅用で使用しているので
とりあえず違うのものにしようかと。

年内に届くようだし、
とりあえずはひと安心・・・(まだ届いてないけど)

今年の年越しは
10数年ぶりのベトナムなので、
発つ前に片付けないといけないことばかりで
頭が痛いッス・・・

HPの更新も、早めに仕上げないとイカンなぁ~~~
1日30時間欲しい(毎度のことながら)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

どうにも、こうにも

仕事が忙しい。

あまり忙し過ぎて疲れていると
周囲に伝染して、イヤ~な空気になってしまうので
なんとか頑張ってみるものの、
まぁ、結局はそういう“疲れ”オーラって
出てしまう時は、出ちゃうんですねぇ・・・
イカン、イカン。
反省。

自分にあんまり事務処理能力がないせいか、
うまくいかないことも多々ある中で
自分なりに結構頑張ってはいるんだけれど。

愚痴ばっかりだと、
良いものも逃げて行っちゃうから気をつけねば。
と、自分に戒め。

いよいよ、年の瀬ですね。
もう、2007年も終わりだな。

やり残したことは山ほどあるようで、
なんとも言えない気分だけれど
ひとつひとつ、それなりに懸命だったことも事実。
あまり自分を責めず
上を向いて歩きたいもんですな~~~

冬の夜長の独り言でアリマス。

残りの2007年、さて懸命に参りましょう!
ポジティブに。
ガンバレ、私!でいいかと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス限定珈琲♪

先日、スターバックス前を歩いていたら、
“限定コーヒーの試飲で~す♪”と声をかけられ、
たまたま飲んだ、クリスマス限定の珈琲。
その名も『クリスマス ブレンド』(笑)
インドネシア産のエイジドコーヒーをブレンドされた季節限定のこの豆。
これが意外にも当たりッ!
コクがあり、苦味もシッカリ。
美味。

スタバによると、
“エイジドコーヒーとは、
コーヒーの生豆を3~5年間貯蔵庫にて保管し熟成させて作られた豆のこと。
このエイジングプロセスに適したコーヒーは、
エイジドにより、深み、なめらかさ、複雑さという恩恵を受けます”とのこと。
ふむふむ、なるほどねぇ・・・

コレです。
2007xmas_coffee豆のまま購入を決意。
100g単位で量り売りしているというが、
聞くと250gのパックが割安とのこと。
・・・そういうことならば、買おうじゃないの!250g!
いつもは200gを豆のまま買うので、
我が家のストックとしては、250gは少々多め。
でも、たっぷり飲みたいし、限定らしいし(笑)
ということで、購入。

家で挽いて飲んでみた。
うん、うん、コレはやはり当たり。
ミルクや生クリームにも非常に合いそう。

スタバで初めて豆を買いました(^-^;
意外に侮れませんね。

・・・本当に限定なのかしら。
もう買えないとは、少々残念。

もし、まだ売っていて
購入する機会があったら、
皆さんもゼヒ。

ちなみに我が家の今年のケーキは、
オテル・ドゥ・スズキのブッシュドノエル。
珈琲との相性もピカイチ~!!
2007xmas_cake甘さ抑え目で非常に美味。
食べてみたら、ほぼチョコクリームで出来ていて、
中にカシスが入っています。
底部分に食感の違いが楽しめるアーモンド等のナッツが。
クリーム三昧なのに、
まったくしつこくないのが、オテル・ドゥ・スズキの腕。
サスガです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわてんぼうのサンタ、パートⅡ

メリークリスマス!!

今日は実にクリスマスらしいクリスマスであった。

お昼には甥っ子達の家に大きなツリーを見に行き、
彼らのパワーを貰ったその足で、
本日は、同居人Mの実家に出張(笑)
毎年恒例、クリスマス会にもお呼ばれ。

新しく新調したボリューミーな髭。
その重さで少々ズレ気味だったのが、
今回最大の冷や汗モノであった・・・

しかしながら、チビちゃんたちには大盛況で、
サンタした後に
遅れて到着した(ことにしている)私に、
“サンタが来たの~~~ッッ!!”と大興奮。
ああ、幸せ。

甥っ子姪っ子の多いMの家系。
大人のプレゼントも合わせると、
本当にビックリするくらいの量になる。
皆に順番に渡すのにも工夫がいるので、
それだけで汗だく(笑)

来年は、もう少しシッカリ仕込みをして、
もう少しスムーズに渡せるように考えよう・・・(早くも反省会)

それにしても、歌を唄ったり、
リコーダーで演奏したり、
手品を披露したり、
様々な出し物を考えてくるあたり、
このイベントがM宅で常となっているのが良く解るイベントである。

そういえば、私も幼い時に
クリスマス会、やったよなぁ・・・
それに向けて練習したりするのって
発表の場があるので、
ちょっと気合が入るんだよね(^o^)
見ているこちらも真剣です。

中学生の一番上のお姉ちゃんが
キレイにプログラムを作っていて、
それに沿って進行していく様は、
見ていて本当に微笑ましい。

これから、ドンドン上の子から順番に
自分のイベントで大忙しになるだろうクリスマス。
こうやって皆で過ごす事が
どれだけ“今だけ”のことなのか、
大人だけがシッカリと感じながら過ごす瞬間である。

たくさんの喜びとワクワクを、
今年もありがとう!

まだまだチビちゃんたちが控えているので、
私のサンタ衣装も活躍の場が与えられて幸せですよ~

さて、地味に
今年のサンタの反省会でもしよう・・・(^o^;;;

皆さんにとって、夢と愛の溢れるクリスマスになりますように。

Merry Christmas!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわてんぼうの、サンタ出動

全くもって更新するどころか、ネット環境が劣悪な日々。
書いては、エクスプローラが落ち、書いては落ち、
を繰り返し、ほぼ書き込み出来ない切ない毎日・・・

コレも、2回目。
いやはや、PC買い替え!?(イヤダーーー)
何とか、機嫌直してネ、PC。

12月も様々なことが起こり、
書きたこと、山積みなのに書けないって、
本当にストレスですねぇ・・・デジタル相手なので仕方ないんダケド。
師走。
仕事の忙しさもさることながら
プライベートも大忙し(笑)
仲間達との忘年会の数々、旧友との久々の喫茶店語り、
友人の就職内定報告や資格取得吉報(オメデトー!)

ああ、書きたいこと、多過ぎっ!

・・・とグチってみても始まらず。
残りの2007年、PCのご機嫌を伺いつつ、
書き綴っていければと思う。

19日は、我が甥っ子たちへの
ささやかなクリスマス・イベント開催。
私、サンタになりましたっ!
・・・持ってるんです、サンタ衣装(笑)
私の辞書には、すでに“サンタする”という動詞が存在します。

毎年、待っていてくれる同居人Mの家族宅。
今年は我が甥っ子たちにもサプライズを!
と思い敢行。
上は小学生、下は幼稚園。
以前に一度、サンタしたことがありますが、
その時は幼く、ビックリする感情が勝ってしまい、
下の子には泣かれました(^-^;;
そろそろ、良い頃合です。いざ、リベンジ。

あわてんぼうのサンタクロース』をテーマ曲に、
クリスマス前なのにやって来ちゃったわけです(笑)

子どもってとても正直なので
ヨロコビとオドロキとがごちゃ混ぜになりながらも、
それを受け容れようと、一生懸命になる。
その想像力、目の前にある事柄を受け容れようとする真摯な考察力。
なんとも言えない、表情。
ドキドキ、ワクワクのオンパレード!
ウーン、たまりません(笑)
今回は、概ね成功と言えるでしょう。

子どもだけじゃなく、大人へのサプライズプレゼントも用意したので
大人たちの気分も高揚(^o^)

甥っ子たちのママが、後の電話で
“こんなドキドキ、久しぶり。
・・・っていうか初めてかも~”
と、とっても喜んでくれた。
そうです、
大人だって、ドキドキ、ワクワクしたいんです。
大いにするべき。
彼女の喜ぶ電話を聞いて、
私は心底、サンタして良かったと思った。
こういう感情は人を幸せにするものだから。

子どもって、信じているんです。
たぶん、どんな子でも。
たとえ高学年になって、
99パーセント『パパとママがプレゼントくれてるんでしょ?』
と思っていたとしても、
残りの1パーセントは『もしかして・・・』と思っている。
その1パーセントを、守ってあげることが
とても大切なのではないかと思う。

・・・やがて、次第に、彼は色々な知識を持ち、
真実を知っていくでしょう。
それは、当たり前のこと。
でも、彼らの幼いファンタジーを大人が勝手に
『はい、クリスマス・プレゼント!』と手渡したりして壊すのは
ちょっともったいない。
そこは、集中しましょう。
24日夜に、いかにコッソリ枕元にプレゼントを置くのかということに。
それは、まさに、彼らにとって、
“今だけ”の特権なのだから。

我が両親にももちろんプレゼントがあり、
このイベントを結構楽しんでくれたようで、
おお~やはり、こういうウキっとする感じには
年齢性別、関係なしッ!と痛感。

子どもたちに交ざって、大人だって
ドキドキ、ワクワク、ウキッとなること。
こういうふうに生まれる、ホワンとした幸せな空気が
私はこの上なく好きです。

だから。
やりますよ~~~~~ッ!サンタ。

毎年やっている割には、
ぎこちなく、全く進化しないサンタだけど、
これが私のパフォーマンス力の限界と思って
諦めておくれ、みんな!(苦笑)
ただ。
徹底的にサンタする気持ちだけは
常に持ち合わせているつもりでゴザイマス(^-^)

私はこういうふうに、
真剣にサンタする事に向かう自分が、
ちょっぴり好きだったりします。
こちらが真剣であればあるほど、
子どもたちはシッカリ受け容れてくれるのですから。

楽しかったな~♪

ビバ!サンタ(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画『めがね』

『かもめ食堂』で荻上直子監督に惹かれた私。
何とか劇場で観ることが出来た。
もう少しでDVDか!?という感じだった。
ギリギリ~(^-^;

もともと海&島に目がない私なので、
与論島でのロケと聞いて気持ちは高揚。

いや、荻上監督、彼女の作品は絶妙ですよ。
距離感とか、時間軸とか、
とーっても好み。
もちろん、キャスティングも絶妙。

荻上ワールドと
小林聡美&もたいまさこって
とても合う。
おそらく本人達もそれを良く解っているのだと思うし、
意識して作品作りをしているとも考えられるけれど、
力の入れ方、抜き方、
まさに“妙”です。

これが他のキャストになったらどうなるのか、
この先も興味津々。

個人的に加瀬亮も好きなので
彼の作品内でのポジションも良かった。
登場も、退場も非常に潔く、
登場人物との距離感もしっかりと保たれていて、
観ていて気持ちよかった。

与論島の景色も
皆が頬張る美味しそうなエビと同じくらい、
ご馳走だった。
劇場で観て正解、の作品。
・・・でも、DVDになったら買ってしまうと思う笑)

『かもめ食堂』同様に、
ファンタスティックな部分もあり、
世界観といい、空気感といい、
女性好みな感も強いけど、
めがね』の方が、意外にも男性にも好まれそうな気もする。

しかし、もたいまさこのあの存在感は、
ちょっと卑怯な感じ(笑)
卑怯加減が、また良いんだけど。

今回、私のHPのコラムにも『めがね』について触れているので、
興味がある方はそちらもぜひ~♪

気持ちの良い映画、もっと観たいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »