« アフリカン・ビューティー | トップページ | 愛すべき、仲間誕生。 »

アメリカン・アイドル(S7)vol.3

やはりアメリカン・アイドルネタは続く・・・

先日ご紹介したマイケル・ジョーンズの『Light My Fire』
同じハリウッド予選で、もう一人、この曲を歌った人がいます。
The Doors、大人気。
TOP11まで残っていたAmanda Overmyer(アマンダ・オーバーマイヤー)がその人。
ジャニス・ジョプリンが大好きな私。
アマンダが登場した時からの超ファンでした(笑)
『Light My Fire』の映像が見当たらなかったのですが、歌声&フォトは見つけたので
こちらもご紹介。

この声は・・・・反則です(^^;
彼女は地方予選でもハリウッド予選での1曲もジャニスを歌いましたが
サイモンから“ジャニスを歌ってもジャニスを超えることは出来ない”と言われ、
その後はジャニスを封印。
惜しくもTOP10には入れませんでしたが、
彼女のファンは間違いなく、いますね~(私?YES、私です^^;)
でも、彼女が落選した理由も理解できます。
彼女が何を歌っても、ファンキーでソウル系統の歌になってしまうから。
この声を愛する人はいるけれど、
万人に受け入れられるとは限らない、という結果でしょう。
それは解る気がする。
現に彼女は“バラードなんて、退屈”とハッキリ言っていますしネ(^^;)
でも、こんなふうに歌える人って
そうそういないから、私的には“超・貴重ッ!”って感じです。

地方予選で、勘違いしてジャニスを歌う人を何人も見ましたが、
それはそれは悲惨な結果で、私の中では
“オーディションでジャニスを歌うのはナンセンス”という
確たる答えが出ていたのですが、
彼女の登場で覆りましたもん。
だいたいジャニスの歌は、
彼女にしか歌えない唯一無二なモノだと思っていたので
アマンダにはたまげましたよ(笑)
しっかり歌える人が、いるもんなんだ~という感じ。
鳥肌モノでした。

ちなみに彼女は23歳(ウソ~!?)
そして何と看護士・・・(ウソ~~!!??)
おそるべし・・・ファンキーなナースです(笑)

今シーズンのアメリカン・アイドルは、
どちらかと言えば男性優勢なんです。
なので、女性軍にも頑張って頂かないと!

いやはや、まだ紹介したいのですが、
TOP10までの女性軍については、
また後日(どれだけ、ハマってるんでしょうか?私ったら。笑)

|

« アフリカン・ビューティー | トップページ | 愛すべき、仲間誕生。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466477/20269720

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・アイドル(S7)vol.3:

« アフリカン・ビューティー | トップページ | 愛すべき、仲間誕生。 »